2016年の脱毛サロン おすすめ情報をピックアップしてみました!

MENU

【2016年最新版】おすすめの脱毛サロンランキング

今や脱毛は手軽な美容ケア!?

 

 

脱毛と言えば、今はお小遣い感覚でもできるお手軽な美容法。気になる部分の体毛がなくなれば、見た目が良くなるだけでなく肌トラブルなども減少します。常に進化している脱毛業界で、2016年の人気脱毛サロンをピックアップ!人気サロンは脱毛技術だけでなく魅力的なキャンペーンなども取り入れているので、上手に活用してお得に脱毛を受けちゃいましょう。

 

 

2016年人気サロン1位は「銀座カラー」

 

 

口コミでも「良かった」という声が多い銀座カラー。特に評判が高いのが「月額9,900円でできる脱毛し放題」プラン。自己処理をしなくてもいい、ほぼ永久脱毛に近いレベルにまで仕上げたい人にはもってこいのプラン。金額的にも無理がないですし、回数を気にしなくてもいいのは気持ち的にも楽です。

 

脱毛に必要な回数には個人差がありますが、自己処理をしなくてもいいレベルにまでするのであれば、最低でも18回以上はおこなう必要があるのです。多くのサロンが6回といった回数限定でのプランを掲げていますが、「6回ぐらいでは満足できるレベルにまでならない」というのが本音のよう。部位によっては25回以上の脱毛を必要とすることもあるのですから、一けた台のプランでは不安も大きいものとなります。

 

また、銀座カラーでは早い効果を目指しており、通える回数も多いものとなっています。一般的な平均は年4回ほどですが、銀座カラーでは年8回のスピード脱毛。全身脱毛は部位ごとに細かく日を分けておこなうのではなく、まるごと1回。しかも、最新脱毛器の導入で1時間ほどで終わってしまうというスピーディーさ。

 

さらに、皮膚科医ドクターと共同開発した保湿マシンによる肌ケアもあり。ヒアルロン酸、コラーゲン、7種の天然ハーブ、APPS(高浸透型ビタミンC誘導体)、セラミド、天然ハトムギエキスなどの有効成分を高圧噴射。脱毛後の弱った肌を回復させ、肌荒れのしにくい美肌へと導きます。

 

・銀座カラー脱毛メニュー
新・全身脱毛(22カ所脱毛し放題)…月額9,900円(税抜)
新・全身脱毛パーフェクトプラン(22カ所、顔全体、脱毛し放題)…月額12,800円(税抜)
腕全セットコース(3カ所脱毛し放題)…月額6,100円(税抜)
足全セットコース(4カ所脱毛し放題)…月額7,300円(税抜)
VIOセットコース(4カ所脱毛し放題)…月額7,300円(税抜)
デリケートチョイス(1カ所脱毛し放題)…総額37,600円(税抜)
スタンダードチョイス(1カ所脱毛し放題)…総額75,200円(税抜)

 

 

2位は「キレイモ」、3位は「ミュゼ」

 

 

「キレイモ」も月額制を採用しており、月額9,500円で全身33部位が脱毛できます。フェイスもVIOも含まれているので、し放題でできる部位が多いサロンといえます。1カ月に1回の施術で全身の半分の脱毛が可能なので、2カ月で全身1回分が完了。施術時間は1時間ほどで、事前にシェービングしていればその費用はかかりません。ただ、背中やうなじ、VIOといった、自分でやるには無理がある部位については、無料でシェービングしてくれます。

 

・キレイモ脱毛メニュー
前身脱毛33カ所・スリムアップ脱毛…月額9,500円(税込)
パックプラン全身18回分…290,700円(税抜)
パックプラン全身12回分…212,040円(税抜)
パックプラン全身10回分…186,200円(税抜)
パックプラン全身6回分…114,000円(税抜)

 

「ミュゼ」は業界最大手の格安脱毛サロン。キャンペーンも頻繁におこなっており、セットプランだけでなく単体でのメニューも豊富なので、初めての人もお試し感覚で受けることが可能。人気サロンであることからも予約がとれにくい傾向にあったのですが、2015年に「ミュゼエクスプレス」という最新マシンを導入した事で、施術時間が大幅にダウン。スピーディーな施術が可能で、1人当たりのお手入れ時間も短くなり予約も取れやすくなっています。

 

・ミュゼ脱毛メニュー
初めてコース(両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース、全身から1ヵ所)…7,800円
初めてコースW(両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース、全身から2ヵ所)…12,800円
両ワキ脱毛完了コース…3,600円
Vライン美容脱毛完了コース…3,600円

 

 

「シースリー」と「ラココ」も狙い目!

 

 

「シースリー」では、全身脱毛が生涯永久メンテナンス保証付きの7,500円。日本人女性の肌に合わせて開発された最新機器を使っておこないます。脱毛品質保証書といった、脱毛が完了するまでの無料メンテナンス付き。他にもたくさんの特典がついていることでも人気が高い脱毛サロンです。

 

「ラココ」は、全身35カ所が月額5,800円と驚きの安さ。ジェルの上から光を当てて熱を毛包に集中させるSHR方式で、前身20分といったハイスピード脱毛が可能となっています。

脱毛サロンの月額での選び方〜安いだけで選んではダメ!〜

月額制には3種類ある

 

 

最近の脱毛サロンの料金システムでは、月額制が定番化してきています。習い事のように手軽なイメージがありますが、実際には回数契約を分割払いする意味合いでのプランが多いので注意が必要。月額制といった言葉に惑わされずに、分割払い制と比較検討して選ばなければいけません。

 

月額制と表記しているサロンは、ほとんどが1万円前後の比較的リーズナブルととれる料金設定です。一概に月額制と言ってもフィットネスクラブタイプ・ローンタイプ・期間契約タイプとあり、それぞれにメリットデメリットがあるので、自分にあったタイプを選ぶようにしないといけません。

 

フィットネスクラブタイプ…サロンに行っていなくても、毎月定額で支払う必要があり。初期コストが安く、気に入らなければいつでも辞められるのが良いところで、気軽に契約することができます。ただし、毎月支払いが発生するので、1カ月に1回はきちんと通えないと損をしてしまいます。

 

ローンタイプ…多くの月額制がこれに当たります。毎月通わなくてもいいので自分のペースで通えます。

 

期間契約タイプ…「単価×期間」といった、契約月数でコース料金が決まることが多く、地域やキャンペーンなどによって料金が変わります。通えない期間があっても、契約期間が終了すれば通えなくなります。数カ月で解約できるわけでなもなく、ほとんどが返金なしなので、やると決めてからでないと損をします。

 

 

月額制VS分割制!メリットとデメリット

 

 

月額制のメリットは、月々の支払い負担を軽減し、自分のペースで終了することができるということ。対してデメリットは、通い続けると費用が増える可能性があり、脱毛しなくても支払いが発生。キャンセルができない場合もあります。

 

月額制を採用している脱毛サロンはたくさんあり、その内容は独自に設定されたものとなっているので、広告金額や脱毛料金の総額・月額で判断するのではなく、1回あたりにいくらになるのかといった計算で割り出すようにしましょう。効果についてはほとんど違いはありませんので、脱毛回数やもしもの際の違約金などを中心に選ぶのがいいです。

 

では、回数制はどうなのでしょうか?回数制のメリットは、総合的な支払額が明確で安心感がある事、自分のペースで通えることが挙げられます。逆にデメリットは、一度の支払い負担が大きく、自分が希望する回数での脱毛ができない事です。なかにはスタッフに相談して延長してもらうこともできますが、別料金が発生します。また、脱毛完了までに妊娠などの可能性がある場合は、融通が利きやすい回数プランのほうがいいかもしれません。

脱毛サロンのキャンペーン〜お得に比較〜

なぜキャンペーンをやるのか?

 

 

脱毛というと料金が高いといったイメージがありますが、サロンの数も増えていることから競争が激しくなってきており、意外と安く購入できるようになってきているのです。価格競争から脱毛料金が安くなってきており、1,000円以下でできるものも!?

 

そうした背景から、キャンペーンも激化。脱毛と言えば昔は敷居が高すぎてなかなかチャレンジできなかったのですが、今では価格がぐっと下がってきたのはもちろん、お得なキャンペーンなどで料金が割安になることも。高校生ぐらいの子も利用できたりと、年齢的にも若い世代の利用が可能となってきています。

 

ただ、なかには「本当に大丈夫?」なんて疑ってしまうようなキャンペーンもあり、初めての利用する人からしてみれば警戒してしまう事も…。そもそも、どうしてキャンペーンだからといって値段を安くすることができるのでしょうか?それは、できるだけ多くの人に利用してもらえるように、脱毛サロンの内容を知ってもらうためにやっていることがほとんど。特定の部位だけでキャンペーンをおこない、実際に体験してもらうことで他の部位もやってもらえるようにする狙いもあるのです。

 

ですから、キャンペーンの利用条件としては、1回だけとか、初めて脱毛サロンを利用する人、10ショット限定など…キャンペーンだけでは完全に体毛を失くすことができないようにされています。キャンペーンは、あくまでも脱毛を始めやすくするためのきっかけなのです。

 

 

キャンペーンの多い時期は?

 

 

キャンペーンは不定期でおこなわれているわけですが、1年間のなかでも出やすい時期があります。それは秋以降。春先は夏が近いことからも、肌の露出を意識するようになり、キャンペーンをしなくてもお客さんはやってきます。繁盛期でもあるので、予約を取る事さえ難しくなります。一方、秋以降は肌の露出が減るので脱毛を意識する人が少なくなり、客数もぐっと減ります。それを予防するために、キャンペーンで予約を確保仕様とするのです。

 

とはいえ、秋は脱毛を始めるには最適な時期です。脱毛は1回では終わらないのですし、施術後は紫外線を避けるために長袖を着用することになります。秋から始めると夏までにはちょうどいい感じに仕上がってくるのです。少なくとも、春から始めるよりかは好都合。ですから、キャンペーンが秋から増えるのは、値段以上にメリットがあるのです。期間限定でやることが多いので、秋以降は気になる脱毛サロンのキャンペーン情報を要チェックです!

脱毛サロンの掛け持ちはOK?〜効果の違いで選ぶ〜

掛け持ちはサロンを比較しやすい

 

 

脱毛サロンの掛け持ちはOKなのか?答えはやってしまって大丈夫!より良い結果を得るためには、掛け持ちして比べることも必要。口コミなどを参考に選んでも、最終的に納得するのは自分が実際に体験した時です。脱毛は短期間だけ通えばいいというわけではないので、それだったら最初のうちに掛け持ちをしてどこが一番いいのか比べるべし。気に入ったところがあれば、そこに安心して長期間通う事ができます。

 

掛け持ちをする際にチェックしたいのが、施術の様子や痛み、技術レベル、サービス内容、スタッフの接客態度、サロンの雰囲気や清掃具合などです。サロンごとに力をいれている看板商品があるので、掛け持ちすることで比較検討がわかりやすく、うまくいけばいいとこどりで終わらせることができます。また、うまくキャンペーンや体験脱毛を組み合わせることができれば、それだけで脱毛が完了してしまう事も!?

 

ただ、メリットばかりではありません。体験でもなんでも、詳細なカウンセリングは欠かせません。ですから、掛け持ちする数だけ受けなくてはいけないのです。最初のカウンセリングはサロンの説明や細かい料金設定についても話すので、時間がかかることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

また、同時期に2回施術してしまうのはあまり意味がありませんので注意が必要。なぜなら、死滅している体毛に対して脱毛をおこなうことになるからです。脱毛器で一度ダメージを与えると、ムダ毛はほとんど生えてこなくなりますから、間を開けずに同じところに繰り返し脱毛したところで効果は変わらないのです。

 

 

掛け持ちは同じ日にやってもいい?

 

 

脱毛サロンを掛け持ちする際には、脱毛部位が違えば、極端な話同じ日でもできたりします。午前中はAサロンに行って足を脱毛したら、午後はBサロンにいって腕をやる…なんて組み合わせもOK。ただ、脱毛施術部位が同じ場合は、ちょっと難しくなります。

 

肌に対しての影響もありますが、エステでおこなう光脱毛では、毛周期に合わせた施術が必須となります。あまりにも短期間でやってしまうと、施術自体が意味のないものとなるのです。できれば1カ月はあけるようにしたいもの。

 

また、掛け持ち先にも別で脱毛をおこなっていることを伝えるかどうかは、気持ち的にはあまり言いたくないですね。サロン側としてもあまり掛け持ちに対して良い印象をもちません。同じ場所であれば、1カ月以上の空きがあれば大丈夫です。

脱毛サロンに行く前の自己処理〜シェービングは忘れずに〜

事前に自己処理が必要な理由

 

 

体毛がないきれいな肌にしようとしても、逆に肌を傷つけてひどい状態にしてしまった…脱毛をする大きな理由の一つに、自己処理に限界を感じたからといったことがあります。脱毛サロンに行く際には、あらかじめムダ毛の処理をしてこないといけません。ただし、初めて来店した際におこなうカウンセリングではその必要はありません。なぜなら、カウンセリングで肌状態はもちろん、毛の太さなどの状態をみるからです。初回ですから、やはり伸びている状態ではないとわからないこともあるのです。その際、テスト照射といった事をするサロンもありますが、その際もあくまでもテストということで、セルフケアはいわれない限りはしなくても大丈夫です。

 

そしてカウンセリングで脱毛プランが決定すると、最初の施術日が設定されます。その際には、必ずムダ毛の処理が必要となります。脱毛サロンでおこなう脱毛方法は、フラッシュ脱毛といい、光で毛根にダメージを与えて体毛を少しずつ薄くしていきます。この時に照射される光はメラニン色素に反応する特殊なものですから、ムダ毛が長いままでは毛根までうまくダメージが伝わりにくくなってしまうのです。つまり、あまり効果を得られない…ということ。

 

しかも、メラニン色素が光に反応すると熱が生じるので、ムダ毛が長いと反応する面積が広くなり、熱も大きく感じやすくなります。軽い症状では肌荒れやひどい乾燥状態になり、ひどい場合では皮膚のただれや赤み、最悪の場合では火傷といった結果をともなう事にも…。そうしたトラブルを避けるためにも、事前の自己処理しておくことは大事なのです。

 

 

ムダ毛の事後処理はいつやるのがいい

 

 

ムダ毛の自己処理のタイミングは、施術予定日の2〜3日前が理想的。脱毛サロンでは「前日までに処理しておいてください」と言われることが多いですが、前日や数時間前など直近すぎるのは、ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまったり、フラッシュが反応する範囲が狭くなってしまう可能性が高いからです。さらに、肌がかみそり負けで炎症をおこしてしまうと、2〜3日は炎症は治まりません。できれば炎症が治まってからの方がいいのは当然の事なので、前日ではなく2〜3日前におこなうのがいいでしょう。

 

ちなみに、自己処理をし忘れてサロンに行ってしまった場合は、脱毛施術は受けられないのでしょうか?それは、サロンによって対応が異なります。サロンに電動シェーバーが用意されている場合もあり、その場でスタッフの方がやってくれることも。ただ、ほとんどが有料です。背中などのちょっと自分でやるには大変なところは無料でやってくれます。

脱毛サロンは子供も利用できる?

子供ができる脱毛とは

 

 

脱毛にかかる費用が昔に比べて下がってきていることからも、高校生なども気軽に施術を受けるようになっている今。なんと、小学生でも脱毛に興味津々。ムダ毛は大人だけでなく子供も悩むが深いもので、腕や足、ワキなどの毛を早いうちから気にするようになります。特に思春期になると深刻化してしまいがちで、人格や性格形成にも影響を与えてしまう事も。そうした事からも、今では子供でも脱毛が受けられるようになってきているのです。

 

小学生や中学生は、脱毛サロンでの光脱毛はOKですが、医療レーザー脱毛はNG。医療レーザー脱毛は出力が高く、大人の皮膚の半分から3分の2程度しかない子供の肌には強すぎて、肌をひどく傷つけてしまう可能性が大なのです。皮膚が大人と同じくらいにしっかりとしてくるのは16歳頃なので、ほとんどの医療脱毛現場ではその年齢に合わせた感じで設定しています。

 

脱毛サロンでおこなう光脱毛は、出力もそんなに高くなく、子供の肌向けにコントロールされているので安心。成長期なので施術後もどんどんムダ毛が生えてきてしまうのは、事前に覚えておきたいもの。ただ、処理後は次第に薄く細くなっていきます。

 

 

子供の脱毛は、専用プランを!

 

 

子供が脱毛サロンを利用する際には、子供向けのプラン、子供の肌に対応した脱毛機器があるかどうかが重要。子供の肌は大人の肌よりも表面が薄いので、大人と同じ出力・機種では火傷などのトラブルがおこる可能性があります。安全に施術するためにも、小中学生向けのプランを設定をしているサロンを選ぶようにしましよう。子供を意識したプランでは、そこで使う脱毛マシンも子供に適した機種をつかっているはずですから、肌へのダメージも抑えられています。火傷の心配も痛みへの恐怖心も少なく、ストレスも最小限に通えます。子供が通うのに向いているサロンとしては、下記が挙げられます。

 

「ディオーレ」
脱毛機器ハイパースキンカレンを使った、ハイパースキン脱毛。3歳から可能で痛みも少なく、小中学生の利用が多いです。脱毛期間の間隔は3〜4週間に1回ですが、2週間に1回の割合でも受け付けています。

 

「エピレ」
7歳から脱毛可能。エピレは、大手エステティックサロンのTBCが独自に開発した脱毛器を使った、脱毛専用エステサロン。効果については比較的評判が良く、予約間隔は2カ月に1回ほど。

 

子供が脱毛サロンで施術する際には、親の同伴を絶対とするところがほとんど。親子で来院できる日程で予約を取らなくてはいけません。

 

子供が受けれる脱毛サロンがなかったり、料金面やサロン自体に不安がある場合は、家庭用脱毛器を使うといった方法もあります。ただし、ほとんどが子供には使用しないようにと書かれているので、自己責任となります。それでも使う親御さんは多いようで、子供の肌に合わせて調整しているようです。

メンズ脱毛サロンの効果とは?

メンズ脱毛で人気の部位は?

 

 

今や、女性だけでなく男性でも当たり前となってきているメンズ脱毛。一般的なものとなってきているだけに、メンズ専用の脱毛サロンなども増えてきています。なぜなら、エチケットや見た目だけでなく、ヒゲや胸毛が濃い男性を女性は不潔と捉えることが多いからです。特に女性がもつイメージは大きく影響しており、ムダ毛が濃いよりも少ない肌の男性の方が人気が高いのです。誰だって女性には良い印象を持ってもらいたいですから、脱毛をする人が増えてきたのです。男性が脱毛をおこなう場合は、メンズエステの施術の一つとして受けるか、男性用の脱毛専門サロンで受けるかのどちらか。主流としては前者のメンズエステのようですが、男性脱毛専用サロンも増えていることからも、また変わってくる可能性があります。

 

男性の脱毛で一番人気なのがヒゲ脱毛です。ヒゲは基本的に毎日剃らなければいけないもので、ヒゲが濃い人は大変。ヒゲの成長スピードにも個人差があるので、早い人では夕方にはにょっきりと伸びていることも…。ヒゲ脱毛をすれば、そうした面倒から解放されます。

 

他にも、わき毛や胸、おなか、腕、足、VIOなども人気があるようです。基本的には女性の脱毛と同じで、男性の全身脱毛もおこなっていますが、脱毛サロンによって全身脱毛の範囲は異なるので要チェックです。

 

 

費用と支払い方法ともしもの対応を確認

 

 

メンズ脱毛にかかる費用は部位によってさまざまですが、一番人気のヒゲ脱毛を挙げてみても、かなりのお金がかかるものとなっています。脱毛する本数や面積などでも料金は変動することもありますので、まずはカウンセリングを受けて見積もりを出してもらうのが一番です。大まかな料金がわかれば安心です。

 

ちなみに、ヒゲ脱毛では一般的には最低でも10万はかかるといわれており、50万といった大金がかかることも…。20〜30万は覚悟しておいた方がいいかもしれません。また、支払い方法もさまざま。施術をする度に支払うこともあれば、ポイントを購入してそれで支払ったり、ローンを組んだりと、脱毛サロンによって提示されているので、自分が支払いしやすい方法を選ぶようにするといいでしょう。

 

脱毛をおこなうには最初にカウンセリングを受けてからとなるのですが、万が一の事…例えば皮膚炎などの肌トラブルなどが起こってしまった事を考えて、提携病院があるかどうかを確認しておきましょう。テスト照射の有無も聞いておくといいです。もしも肌アレルギーや、アトピー性皮膚炎などを発症したことがあるなどしたら、まずはかかりつけの医師に相談してから決めると安心です。

脱毛サロンが倒産してしまったら!?

突然の倒産でパニック!ニュースを騒がしたサロンとは?

 

 

脱毛サロンの競争は年々激しくなっており、倒産といった最悪の事態となるサロンも!?経営難で倒産してしまったニュースは、しばし世の女性を驚かせます。特に、脱毛をしている人からしてみれば人事ではありません。また、会社が倒産しなくても、エステ内の脱毛メニューがカットされてしまう事もあるのです。有名な「たかのゆり」でも脱毛コースがカットされているのですから、決して中小サロンだけの話ではないのです。

 

これまで倒産した脱毛サロンで有名なところといえば、ネプチューンやエピドールが挙げられます。ネプチューンが倒産したのは2007年の6月。急な倒産話に閉店と、ニュースでもかなり取り上げられました。返金してもらえない人が多く、消費者センターなどにたくさんの苦情が寄せられましたが、ほとんどの人が泣き寝入りで終わってしまったのです。

 

エピドールは2007年の年末から店舗が閉店しはじめ、ついには倒産。倒産は突然でなんの知らせもなかったことからも、「計画倒産だったのでは!?」なんて噂も出たほど。実際に、会員の人が予約した日に店舗に行ったら閉まっていて、そこで倒産を知った…なんてことも。口コミで知った人もいるほどで、エピドールからは何の対応もありませんでした。

 

 

倒産してしまったらほぼ泣き寝入り状態

 

 

他にも倒産している脱毛サロンはたくさんあります。脱毛エステが倒産する話は珍しくないので、消費者センターに話しても「よくある話なんですよね」で終わってしまう事も…。お金が戻ってくることはほぼなく、倒産した脱毛サロンの社長が表に出てくることもないです。つまり、泣き寝入りになってしまう事が多いのです。

 

質が悪いことに、倒産してたくさんの人に迷惑をかけたのにも関わらず、奥さんや親せきの名義などで、違う脱毛サロンを設立してしまうこともあるのですからたまったもんじゃありません。計画的におこなう悪徳経営者もいるので注意が必要です。

 

倒産しそうかどうかは、支払い方法が一つの判断方法となります。あまりにも現金払いを、それも最初にまとまったお金の支払いを押し付けてくるようであれば、それはちょっと怪しいもの。脱毛エステにかかる料金となれば数万から数十万ですから、クレジットカードなどで払うのも普通の事。それをさせないのは、お金が急いで必要だという事でもあります。なぜなら、クレジットカードはお金が実際に入るまで時間がかかるからです。倒産前になにかとお金が必要なので、支払いを現金で集めようとするのです。